こうのとり生姜って?

兵庫県北部に位置する豊岡市は、城崎温泉、出石といった観光地ですが、こうのとりの住む町としても有名です。
そんな自然豊かな豊岡市で作られた、ひょうご安心ブランド農法で「こうのとり生姜」は作られました

商品ラインナップ

よくある質問

妊娠中にはちみつを食べても大丈夫?

妊婦さんがはちみつを食べても問題はありません。ただし、いくつかの注意点があります。

☆はちみつにアレルギーがある場合は食べないでください。アレルギー血液検査でわかるので心配な方は病院で検査を行ってください

☆はちみつは糖分が多く高カロリー(大さじ1杯で70kcal)なので、たくさん取り過ぎると血糖値の上昇に影響を与える可能性があります。
妊娠糖尿病のリスクがある場合は、ドクターと相談して体調管理に努めてください

赤ちゃんにハチミツを食べさせていけないのはどうして?

ボツリヌス菌のリスクがあるためです。ハチミツには、ボツリヌス菌の芽胞が含まれていることがあり、この菌が腸内で増殖し、毒素を生成することがあります。

特に1歳未満の赤ちゃんの消化器官はまだ十分に発達しておらず、ボツリヌス菌の芽胞を排除する能力が低いため、食中毒を引き起こすリスクが高いためです。
乳児ボツリヌス症と呼び、筋力の低下や呼吸困難などの深刻な症状を引き起こす可能性があるので、赤ちゃんには1歳になるまでハチミツを与えないようにしてください

生姜とハチミツの相性がいいのはどうして?

☆健康の相乗効果
生姜には抗炎症作用や抗酸化作用があり、消化を助け、免疫力を高める効果があります。

はちみつも抗菌作用や抗酸化作用があり、のどの痛みを和らげたり、エネルギー補給に役立ちます。

これらの効果が組み合わさることで、風邪やインフルエンザの症状緩和や免疫力向上に役立つとされています。

☆血糖値の調整
生姜は血糖値を安定させる効果があるので、ハチミツの糖質による血糖値上昇を抑える効果があり、一緒にとることでバランスの良い食品になります。

☆暖かい飲み物
生姜とはちみつはどちらも温かい飲み物に適しており、特に寒い季節に人気です。
生姜とはちみつを使ったホットドリンクは体を温め、リラックスさせる効果があります。

生姜って結局何がいいの?

☆抗炎症作用
生姜にはジンゲロールやショウガオールなどの成分が含まれており、これらが炎症を抑える効果を持っています。関節炎や筋肉痛の緩和に役立ちます。


☆消化促進
生姜は胃腸の働きを促進し、消化不良や胃もたれを改善します。胃のガスを減少させる効果もあり、消化器系の健康を保つのに役立ちます。


☆免疫力の向上
生姜には抗酸化物質が豊富に含まれており、これが免疫システムを強化します。風邪やインフルエンザの予防に効果的です。


☆血糖値の調整
生姜は血糖値を安定させる効果があり、糖尿病の管理に役立つ可能性があります。インスリン感受性を改善する効果も報告されています。

☆抗菌・抗ウイルス作用
生姜には抗菌・抗ウイルス作用があり、感染症の予防や治療に役立ちます。特に口腔内の細菌やウイルスに対する効果が報告されています。

☆代謝アップ
生姜は体内の代謝を促進し、脂肪の燃焼を助ける効果があります。これにより、体重管理や肥満予防に役立ちます。